WinMergeでSQLiteの比較を行う方法

Table of Content

このドキュメントではWinMergeを用いてSQLiteの比較を行う方法について解説する。

導入方法

1.SQLite用のODBCをインストールする。
http://www.ch-werner.de/sqliteodbc/

下記のいずれか、または両方インストールすること。

sqliteodbc.exe
sqliteodbc_w64.exe

2.次のようなファイルを作成する

SqliteToText.sct

<scriptlet>

<implements type="Automation" id="dispatcher">
    <property name="PluginEvent">
              <get/>
        </property>
    <property name="PluginDescription">
              <get/>
        </property>
    <property name="PluginFileFilters">
              <get/>
        </property>
    <property name="PluginIsAutomatic">
              <get/>
        </property>
        <method name="UnpackFile"/>
        <method name="PackFile"/>
</implements>

<script language="VBS">
Option Explicit

Function get_PluginEvent()
         get_PluginEvent = "FILE_PACK_UNPACK"
End Function

Function get_PluginDescription()
         get_PluginDescription = "SqliteToText"
End Function

Function get_PluginFileFilters()
         get_PluginFileFilters = "\.sqlite(\..*)?$;\.sqlite3(\..*)?$;\.db(\..*)?$"
End Function

Function get_PluginIsAutomatic()
         get_PluginIsAutomatic = True
End Function

Function UnpackFile(fileSrc, fileDst, pbChanged, pSubcode)
    Dim cnn
    Dim Filename
    Dim rs
    Dim i
    Dim tableNameDict
    Dim name
    Dim fso
    Dim fo

    Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
    Set fo = fso.CreateTextFile(fileDst, True)

    Set cnn = CreateObject("ADODB.Connection")
    cnn.CursorLocation = 3 '
    FileName = "test.sqlite"
    cnn.Open "DRIVER=SQLite3 ODBC Driver;Database=" & fileSrc & ";"

    Set rs = cnn.Execute("SELECT * FROM sqlite_master;")
    i = 0

    rs.MoveFirst
    Do While Not rs.EOF
        name = rs.Fields("Name").Value
        fo.WriteLine "[" & name & "]"
        fo.WriteLine rs.Fields("sql").Value
        If rs.Fields("Type").Value = "table" Then
            call showTable(fo, cnn , name)
        End if
        rs.MoveNext
        i = i + 1
    Loop 

    rs.Close
    Set rs = Nothing

    cnn.Close
    Set cnn = Nothing

    fo.Close
    Set fo = Nothing
    Set fso = Nothing

    pbChanged = True
    pSubcode = 0
    UnpackFile = True

End Function

Function PackFile(fileSrc, fileDst, pbChanged, pSubcode)
    PackFile = False
End Function

Private Sub showTable(byref fo, byref cnn, byval tableName)
    Dim rsTable
    Dim i
    Dim fieldCount
    Dim data
    Set rsTable = cnn.Execute("SELECT * FROM " & tableName & " ORDER BY 1")
    fieldCount = rsTable.Fields.count
    rsTable.MoveFirst
    Do While Not rsTable.EOF
        For i = 0 To fieldCount - 1
            if i = 0 Then
                data = rsTable(i).Value
            Else
                data = data & vbTab & rsTable(i).Value
            End If
        Next
        rsTable.MoveNext
        fo.WriteLine data
    Loop
    rsTable.Close
    Set rsTable = Nothing
End Sub

</script>
</scriptlet>

3.WinMergeの展開プラグインを自動にするか、SqliteToText.sctを明示して比較
を実行する。
無題.png

このように、テーブル、トリガー、ビュー、インデックスの情報、とテーブルの中身を比較する。

解説

SQLiteのメタ情報

sqlite_master

SQLiteはsqlite_masterにtable,index,view,trrigerの情報を格納している。
このテーブルを取得することで下記の情報が取得できる。

名前 説明
type オブジェクトの情報を示す。'table', 'index', 'view','trigger'のいずれか
name オブジェクト名
rootpage テーブルとインデックスのためのroot b-treeページのページ番号
sql SQL

なお、このテーブルには一時テーブルの情報は格納されない。
一時テーブルの情報を取得するには下記のテーブルからデータを取得する。

・sqlite_temp_master

テーブルの列情報

ここでは取得してないが、テーブルの列情報は下記のSQLで取得できる。

PRAGMA table_info('テーブル名');

シーケンス情報

AUTOINCREMENTをPRIMARYキーで作成した時にsqlite_sequenceが作成される。
AUTOINCREMENTはsqlite_sequenceを元に作成される。

コマンドラインを利用したダンプ方法

最新のコマンドラインツールがあるなら、以下の方法で似た情報が取得できる。

sqlite3 test.sqlite .dump

参考

The SQLite Database File Format
http://www.sqlite.org/fileformat.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です