トスツイを検証してみる

Table of Content

概要

トスツイとは「@tos」をつけてツイートした場合に、フォロワーのタイムラインに表示されず、ツイートできるというテクニックです。
※「ツイートと返信」には表示されますし、検索には引っかかります。

@tosで何故タイムラインに表示されないかの考察

TwiiterのURLの構成は以下のようになっています。

https://twitter.com/ユーザー名

@ユーザー名を付けてリプライした場合、上記のURLにリンクが張られます。
このため、@tosを付けてリプライした場合、以下のURLにリンクが張られます。

https://twitter.com/tos

このページにアクセスすると「Twitterサービス利用規約」にリダイレクトされます。
つまり、tosというのは「Terms of service」の略で、サービス規約用のページで使われている文字列のため、ユーザーとして使用できないものと考えられます。
そのユーザーとして利用できない文字を利用してツイートすることで、一般のユーザのタイムラインには表示されないと考えられます。

@tosの代わりは存在するか

tosのほかにもhttps://twitter.com/homeなどはユーザー用のページでなくシステムのページに遷移します。そのため、tosと同様にシステムで使用されている文字列がトスツイとして使用できるか検証してみます。

  • URL
  • ユーザー名: リプライするユーザー
  • アカウントの存在:アカウント検索によるアカウントの有無
  • ツイート結果:ツイートした結果がどうなるか
URL ユーザー名 アカウントの存在 結果
https://twitter.com/tos @tos 存在しない 「ツイートタブ」には表示されないが、「ツイート」と返信タブでは表示される
https://twitter.com/home @home 存在する 「ツイートタブ」には表示されないが、「ツイート」と返信タブでは表示される
https://twitter.com/help @help 存在しない ユーザ名として認識されないため、リンクが作成されない。
https://twitter.com/about @about about 存在しない ユーザ名として認識されないため、リンクが作成されない。
https://twitter.com/help @help 存在しない ユーザ名として認識されないため、リンクが作成されない。
https://twitter.com/login @login 存在しない ユーザ名として認識されないため、リンクが作成されない。
https://twitter.com/logout @logout 存在する 「ツイートタブ」には表示されないが、「ツイート」と返信タブでは表示される

@homeと@logoutでも一見、@tosと同様の挙動になるように見えますが、@homeと@logoutはアカウントが存在しています。
そのため、現時点はトスツイは@tosで行っていた方が無難と考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です