VisualStudio2019で複数プラットフォームをビルドしたい

Table of Content

複数プラットフォームをビルドしたい

VisualStudio2019にて複数プラットフォームのビルドを一括でしたい場合は、構成マネージャでビルドをしたい構成を作成したのち、バッチビルドを行う。

構成マネージャでの構成の追加方法

(1)[ビルド]→[構成マネージャー]を選択
image.png

(2)アクティブソリューションプラットフォームのドロップダウンにて「新規作成」を選択
image.png

(3)新しいプラットフォームダイアログにてプラットフォームを選択してOKを押す
今回はx64とx86の両方を新規作成で追加した
image.png

image.png

(4)構成マネージャーで追加したプラットフォームが選択可能になる
image.png

(5)メインメニューのツールバーでも追加したプラットフォームが選択可能になる
image.png

バッチビルドの方法

(1)[ビルド]→[バッチビルド]を選択
image.png

(2)ビルドしたい構成にチェックを付けて「ビルド」または「リビルド」を実行
image.png

(3)既定では以下のようなディレクトリにファイルが出力がされる。

├─x64
│  └─Release
└─x86
    └─Release

※出力先を変更したい場合は以下をいじる
image.png
なおC#の場合、C++と違い$(SolutionDir)とかの環境変数を使用するとエスケープ処理がされるようなので、直接プロジェクトファイルを開いて直す必要がある模様。
https://social.msdn.microsoft.com/Forums/vstudio/en-US/b0eb3746-285f-4ec6-9658-154f427cdb80/c-project-setting-output-directory-to-solution-dir?forum=msbuild

バッチビルドのメニューがない場合

バージョンによってはバッチビルドのメニューがないこともある。その場合は下記を参考にメニューのカスタマイズでバッチビルドのメニューを追加する

VisualStdio2012でバッチビルドを行う方法
https://needtec.exblog.jp/21564296/

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です