Visual Studioのマクロを使用してDoxygenコメントを記述する

Table of Content

概要

Visual Studio のProfessionalEdition以上ではマクロを使用することができる。
そのマクロを使用することで、VisualStudioの操作を自動化することが可能である。
今回はVCのコードでDoxygenコメントを記述するマクロを作成する。

VisualStudio2008 Proffesionalでサンプルを記述しているが、新しいバージョンでも同等のことができる。

Vs2012から使えないの拡張機能を使う必要がある。

http://variantsoft.co.jp/blog/2014/01/14/visualstudio2013%E3%81%AE%E6%8B%A1%E5%BC%B5%E6%A9%9F%E8%83%BD%E3%82%92%E4%BD%9C%E3%82%8B/

(2019/12/15 追記)
復活のVisualStudioのマクロ
https://needtec.sakura.ne.jp/wod07672/?p=9152
いくつかの制限付きながら拡張機能としてVisualStudioのマクロが復活しているようです。

マクロの登録方法

1.[ツール]→[マクロ]→[マクロエクスプローラ]を選択する。

macro.png

2.マクロエクスプローラにて新規にモジュールを追加する。

macro.png

3.モジュール追加のダイアログで任意の名前でモジュールを追加する。

macro.png

4.マクロエクスプローラで追加したモジュールを選択して編集を行う

macro.png

5.MicrosoftVisual Studio Macrosが起動するので以後、そこでマクロを記述する。

macro.png

選択中の項目にDoxygenコメントを記述するコード


Imports System
Imports EnvDTE
Imports EnvDTE80
Imports EnvDTE90
Imports System.Diagnostics

Public Module mdlVCSrcMacros
    ' カーソルで選択中の関数/Class/EnumにDoxgenで使用するコメントを付与します.
    ' 何も選択せずにファイルの先頭にある場合⇒ファイル用のヘッダコメント
    ' cppファイルで関数を選択して実行⇒関数用ヘッダ
    ' ※クラスのメンバはClassViewが認識していないとコメントを付与してくれない
    '   TODO:課題
    ' classを選択して実行⇒クラス用ヘッダ
    ' enumを選択して実行⇒enum用ヘッダ.
    ' 参考
    '  http://www.microsoft.com/japan/msdn/academic/Articles/fun/06/
    Sub CreateHeaderComment()
        Dim sel As TextSelection = DTE.ActiveDocument.Selection
        Dim strCom As String
        Dim myFCM As FileCodeModel = DTE.ActiveDocument.ProjectItem.FileCodeModel
        strCom = ""

        ' ファイルヘッダ.
        If sel.TopPoint.Line = 1 And sel.Text.Length = 0 Then
            sel.Text = "/**"
            sel.NewLine()
            sel.Text = " * @file" + vbTab + DTE.ActiveDocument.Name
            sel.NewLine()
            sel.Text = "* @brief" + vbTab + "Copyright(c) " + Year(Today()).ToString()
            sel.Text = vbTab + "Nikon Corporation - All rights reserved."
            sel.NewLine()
            sel.Text = "* @date" + vbTab + Format(Today(), "yyyy/MM/dd")
            sel.NewLine()
            sel.Text = "* @author" + vbTab + "作者名"
            sel.NewLine()
            sel.Text = "* @note" + vbTab + ""
            sel.NewLine()
            sel.Text = "*/"
            Exit Sub
        End If
        Dim objCodeElement As CodeElement ' コード情報取得用オブジェクト

        ' 関数ヘッダ
        objCodeElement = myFCM.CodeElementFromPoint(sel.ActivePoint, vsCMElement.vsCMElementFunction) ' ソースコード情報の取得
        If IsNothing(objCodeElement) = False Then
            If objCodeElement.Kind = vsCMElement.vsCMElementFunction Then
                ' 関数の場合.
                Dim codeFun As CodeFunction = objCodeElement
                strCom = "/**" + vbCrLf
                strCom = strCom + " * " + codeFun.Name + vbCrLf
                strCom = strCom + "* " + vbCrLf
                Dim j As Integer
                For j = 1 To codeFun.Parameters.Count
                    Dim codeParam As CodeParameter
                    codeParam = codeFun.Parameters.Item(j)
                    strCom = strCom + "* @param[in/out]" + vbTab + codeParam.Type.AsString + vbTab + codeParam.Name + vbCrLf
                Next j
                If codeFun.Parameters.Count > 1 Then
                    strCom = strCom + "* " + vbCrLf
                End If
                strCom = strCom + "* @return" + vbTab + codeFun.Type.AsString + vbCrLf
                strCom = strCom + "* @note" + vbCrLf
                strCom = strCom + "*/" + vbCrLf
                sel.MoveToPoint(objCodeElement.StartPoint)
            End If
        End If

        ' class 名
        objCodeElement = myFCM.CodeElementFromPoint(sel.ActivePoint, vsCMElement.vsCMElementClass) ' ソースコード情報の取得
        If IsNothing(objCodeElement) = False Then
            If objCodeElement.Kind = vsCMElement.vsCMElementClass Then
                strCom = "/**" + vbCrLf
                strCom = strCom + " * @class" + vbTab + objCodeElement.Name + vbCrLf
                strCom = strCom + "* @brief" + vbCrLf
                strCom = strCom + "*/" + vbCrLf
                sel.MoveToPoint(objCodeElement.StartPoint)
            End If

        End If

        ' enum 名
        objCodeElement = myFCM.CodeElementFromPoint(sel.ActivePoint, vsCMElement.vsCMElementEnum) ' ソースコード情報の取得
        If IsNothing(objCodeElement) = False Then
            If objCodeElement.Kind = vsCMElement.vsCMElementEnum Then
                strCom = "/**" + vbCrLf
                strCom = strCom + " * @enum" + vbTab + objCodeElement.Name + vbCrLf
                strCom = strCom + "* @brief" + vbCrLf
                strCom = strCom + "*/" + vbCrLf
                sel.MoveToPoint(objCodeElement.StartPoint)
            End If

        End If

        ' struct
        objCodeElement = myFCM.CodeElementFromPoint(sel.ActivePoint, vsCMElement.vsCMElementStruct) ' ソースコード情報の取得
        If IsNothing(objCodeElement) = False Then
            If objCodeElement.Kind = vsCMElement.vsCMElementStruct Then
                Dim codeStruct As CodeStruct = objCodeElement

                strCom = "/**" + vbCrLf
                strCom = strCom + " * @struct" + vbTab + objCodeElement.Name + vbCrLf
                strCom = strCom + "* @brief" + vbCrLf
                strCom = strCom + "*/" + vbCrLf
                sel.MoveToPoint(objCodeElement.StartPoint)
            End If
        End If

        If Not strCom.Length = 0 Then
            sel.StartOfLine(vsStartOfLineOptions.vsStartOfLineOptionsFirstColumn)
            sel.LineUp(True)
            sel.Text = strCom
        End If

    End Sub

End Module

DTEインターフェイスを経由することで、VisualStudioの操作がおこなえる。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/envdte.dte.aspx

現在選択中のコードの要素を列挙


        ''' ソース ファイル内のコード要素または構成体を表します
        Dim myFCM As FileCodeModel = DTE.ActiveDocument.ProjectItem.FileCodeModel
        Dim objCodeElement As CodeElement
        For Each objCodeElement In myFCM.CodeElements
            MsgBox(objCodeElement.FullName & ":" & objCodeElement.Kind)
        Next

CodeElement インターフェイス
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/envdte.codeelement.aspx

kindを見ることで、Inculdeなのか、関数なのか、クラスなのか判断することができる。

カーソルの座標とKindからコードの要素を取得


Dim myFCM As FileCodeModel = DTE.ActiveDocument.ProjectItem.FileCodeModel
Dim objCodeElement As CodeElement ' コード情報取得用オブジェクト
objCodeElement = myFCM.CodeElementFromPoint(sel.ActivePoint, vsCMElement.vsCMElementFunction) ' ソースコード情報の取得

この関数はカーソルの位置とKindの種類をもとにしてコード要素を取得する。
条件があわなければnullとなる。

カーソルの位置を関数の先頭にあわせて文字を記述する


Dim sel As TextSelection = DTE.ActiveDocument.Selection

'コード要素の先頭に移動
sel.MoveToPoint(objCodeElement.StartPoint)

'一列目に移動
sel.StartOfLine(vsStartOfLineOptions.vsStartOfLineOptionsFirstColumn)

' 一行うえへ
sel.LineUp(True)

' 文字を記録
sel.Text = "XXXXXXXXXXXXXXX"

マクロの実行方法

1.ソースコードの任意の箇所を選択。

macro.png

2.マクロエクスプローラの「CreateHeaderComment()」をダブルクリックする。
3.マクロが実行されると以下のようにDoxygenコメントが付与される。

macro.png

ショートカットの登録

作成したマクロはショートカットキーに割り当てることができる。

1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックして、[オプション] ダイアログ ボックスを表示する。
2.[環境] フォルダーの [キーボード] をクリックする。
3.[以下の文字列を含むコマンドを表示] ボックスにマクロ名を入力して絞りこみ、選択する。

macro.png

4.[ショートカット キー] ボックスをクリックし、特定のキーの組み合わせ押し「割り当て」ボタンをクリックする

以降設定したキーの組み合わせで、指定のマクロが動作する。

方法: マクロを実行する
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/vstudio/a0003t62%28v=vs.100%29.aspx

応用

この記事でVisualStudioの自動化が行えることを説明した。

VisualStudioのマクロを使う例としては以下のようなことが考えられる。
・あるルールに従って、自動でコードを作成する。
・プロジェクトの設定を自動で行う
・プロジェクトエクスプローラーからファイルを選択してバージョン管理ソフトにコミットしたり、元に戻したりする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です