UiPathでお手軽に自動化ができるStudioXが使えるようになったらしい

Table of Content

はじめに

UiPath StudioXなるものが登場したそうです。
https://forum.uipath.com/t/uipath-studiox/159600

従来のプロファイル (Studio) と ビジネスユーザー向けの簡潔なプロファイル (StudioX) に切り替えられます。ビジネスユーザー向けのプロファイルでは、ボタン数もぐっと減り、アクティビティ名もテクノロジーにあまり明るくない人にもわかりやすく表示されています。

試してみる

StudioXのプロファイルの切り替え

(1)[License and Profile]の[View or Change Profile]を実行
image.png

(2)UiPath StudioX を選択する
image.png

(3)再起動を聞かれるので「はい」
image.png

(4)UiPath StudioXが開く
image.png

(5)ホーム→ツール→Excelアドインをインストールする。
image.png

image.png
※うまくいかなかったらUiPathを一度再起動してみてください。

簡単な操作をやってみる。

電卓のボタンを押して、表示内容をExcelに張り付けるサンプル

(1)タスクオートメーションの作成を行う
image.png

(2)以下のような画面が開く
image.png

(3)アプリケーションカード等を設置する
image.png

(4)アプリケーションカード内の「アプリケーションを指定」を指定すると画面上のWindowsを選択できるので電卓を選択する。
image.png

(5)「クリック」アクティビティをアプリケーションカード内にドロップして「ターゲットの選択」後、電卓上のボタンをクリックする。
image.png
image.png

(6)テキストの取得をドロップ後、ターゲットの指定で電卓のテキストボックスをクリックする。
image.png
image.png

(7)「テキストを保存」アクティビティの保存先で「Excel内で示す」を選択
image.png

(8)Excelが起動するのでテキストを保存したいセルを選択して「Confirm」を押す
image.png

実行結果
uipath1.gif

プロファイルを戻して開き直した場合
image.png
※StudioXで作ったものを従来のもので開くことは可能ですが、逆は無理そうです。

感想

たしかにVB.NETの知識がなくても組めるようになったようなので「テクノロジーにあまり明るくない人にもわかりやすく」なったかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です